「LUXURY CARD」の歴史

2008年:アメリカでの誕生

ラグジュアリーカードは、2008年にアメリカでシリアルアントレプレナーであるスコット・ブラムによって設立されました。当時、アメリカでは「ブラックカード」と呼ばれる超高級クレジットカード市場がすでに存在していましたが、ラグジュアリーカードは、それまでのカードとは一線を画す、革新的なサービスを提供することで、瞬く間に人気を集めました。

2016年:日本上陸

2016年、ラグジュアリーカードは日本市場に参入しました。日本国内では、消費者金融アプラスが発行しています。日本上陸当初は、年会費110,000円の「ラグジュアリーカード ブラック」のみの提供でしたが、その後、年会費55,000円の「ラグジュアリーカード チタン」や、年会費220,000円の「ラグジュアリーカード ゴールド」など、幅広いラインナップを取り揃えるようになりました。

2023年:さらなる成長

現在、ラグジュアリーカードは、アメリカ、日本、中国、香港、台湾、シンガポールなど、世界6カ国で展開されています。今後も、世界中の富裕層に向けて、新たなサービスや特典を提供し続けるとのことです。

ラグジュアリーカードの特徴

ラグジュアリーカードは、他のクレジットカードとは一線を画す、以下の特徴を持っています。

  • 金属製カード: ラグジュアリーカードは、全種類が金属製カードを採用しています。これは、高級感を演出するだけでなく、耐久性にも優れています。
  • 24時間365日コンシェルジュサービス: ラグジュアリーカード会員は、24時間365日利用できるコンシェルジュサービスを受けることができます。一部の上級カードにおいてはLINEチャットを使ったコンシェルジュサービスを受けることが可能で非常に便利です。旅行の手配やレストランの予約など、様々な要望に応えてくれます。
  • 充実した旅行優待: ラグジュアリーカード会員は、空港ラウンジの無料アクセスや、ホテルの無料アップグレードなど、充実した旅行優待を受けることができます。
  • ショッピング保険: ラグジュアリーカード会員は、ショッピング保険に自動付帯されます。これは、購入品が盗難や破損した場合に補償してくれる保険です。
  • その他特典: ラグジュアリーカード会員は、様々な特典を受けることができます。例えば、高級レストランでの割引や、会員限定イベントへの招待などがあります。

ラグジュアリーカードの評判

ラグジュアリーカードは、その革新的なサービスと充実した特典で、多くの富裕層から支持されています。しかし、一方で、年会費が高いという声もあります。

ラグジュアリーカードの今後

ラグジュアリーカードは、今後も世界中の富裕層に向けて、新たなサービスや特典を提供し続けるとのことです。今後も、ラグジュアリーカードの動向から目が離せません。

 

 

参考サイト